派遣のメリット・デメリット「実際はどうなの?」

  • 2019年3月11日
  • 2020年5月26日
  • 派遣

期間工と派遣同じ様で少し違う働き方

 

どこも同じ様な情報しかないので、働いてる目線からのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

今回はクラケンが、が派遣のメリットとデメリットを紹介します。

 

クラケン

いざ比べて見ると期間工の方が稼ぎやすく、正社員登用の道も確率が高い為に不人気に見えますが・・・

実際には、派遣の方が期間工に比べて数倍の人数がいます。

それだけのメリットが派遣にはあります。

派遣のメリットは?

派遣のメリットは、一言で言うと気楽だと言う事です。

 

  • 誰でも働ける。
  • 期間工なみの給与(条件有)
  • 祝い金など半年間で100万以上
  • 様々な雇用形態がある
  • 雇用契約が派遣会社で緩い
  • 辞めやすい
  • 一流企業の社員は優しい

 

アルバイトの延長だとも言えます。

 

しかし、収入は社会人でも中間クラスもあり美味しい働き方だとも言えます。

 

働く力が未熟でも、短期ではありますが雇用期間の数ヶ月は企業側が守るので働けますから稼げます。

 

クラケン

また、受けいれ側の企業は大企業であり一流企業ばかりですので、そこの正社員は人格や常識など高レベルである為に、優しく、丁寧に受けいれられます。

中小企業では、ひねくれた人間や高圧的な人間が多いのでこの差は歴然ですね。

派遣のデメリット

もちろんデメリットもあります。

 

気楽すぎるのも難があるんですね〜。

 

派遣会社は儲けたい為に、本当に誰でも入れますから、社会人として未熟な人間が大量にいます。

 

働く力そのものが足りないなどはざらにいますので、企業側は厳しく見てきます。

 

当然、期限ごとの雇用期間の延長は断られる事になります。

クラケン

まあ当然ですよね。

高額な金額を派遣会社に支払っていますので、働く力が無い人なんていりません。

慈善事業ではありませんから。

しかし、自分を見つめ直す良い機会です。

働き続けれるならば、実力があると言う事ですから。

正社員登用を目指す気になったら

派遣 メリット・デメリット

偶然にも、快適で働きやすい職場に配属されたのならば、チャンスです。

 

社員登用を目指しましょう。

 

この正社員登用は本当に運の要素が強いです。

 

社員登用を目指していても、職場しだいで結果がまるで違います。

 

社員になりたくて、入りやすい職場を探す為に辞めて入ってを繰り返しても運を掴めない人もいます。

 

もしも、人手不足であなたが活躍できる場ならば目指してみるのもいいかもしれません。

 

大企業の社員は世界が変わりますよ。

 

関連記事こんな記事もあります↓↓

派遣のメリット・デメリットのまとめ

今回は、働いてる目線でのメリット・デメリットでした。

 

もちろん、稼ぐ事を第一にして高報酬のアウトソーシング(派遣会社)を半年間で変更しながら様々な職場で働けば稼ぐ事が可能です。

 

全力で稼ぐ事に専念すれば、年収550万あたりの収入は稼ぐ事が可能です。

 

この稼ぐ事ができるのが、最大のメリットだと私は思います。

関連記事こんな記事もあります↓↓