マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?市場はシェアリングと規制しだい

マイクロモビリティー(電動キックボード)で移動が変わる!

そんな高らかな声がちょこちょこ聞こえてきていますね。

知名度に関心度は共にかなり低いのが現在の状況です。

 なぜならば·····

規制により原動付き扱いになっているために日本では、メリットが全く生かせないために注目されないのです。

そんなマイクロモビリティー(電動キックボード)ですが、シェアリングの大本命として注目されつつあります。

そんな、マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?の現状について簡単にまとめました。

この記事では、マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?の疑問や意味が分かります。

マイクロモビリティー(電動キックボード)で移動が変わる!

  1. 自宅から駅やバス停までの移動区間を埋める!
  2. 高齢者でも意外に乗りやすいため近場では便利!
  3. 交通渋滞の解消!
  4. 排ガス量の削減で環境に優しい!

 

マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?

マイクロモビリティーとは

マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?

マイクロモビリティー(電動キックボード)とは、ボードに片足を乗せて、もう片足で地面を蹴って飛び乗る。

あとはアクセルレバーを入れるだけで加速します。

動力は電気になります。

  1. 最高速度時速は20㎞あたり
  2. 自転車のようにこぐ必要なない
  3. 場所をとらない

これらの特徴をもつのがマイクロモビリティー(電動キックボード)です。

マイクロモビリティーはどう使える?

マイクロモビリティー(電動キックボード)が注目されているのは、シェアリングサービスが相性が良いのです。

欧米では、1回1ドルが1分間で15セントが加算されるシステムで稼働している。

為替市場しだいで、上下しますが

日本円では、1回120円1分間で16円ぐらいですね。

欧米では、「ラストワンマイル」を埋める移動手段として急速に普及しました。

ラストワンマイルとは?
自宅から駅やバス停までの移動区間のことを指す。

マイクロモビリティー(電動キックボード)の市場が広がらない理由

欧米では普及しだしましたが、日本ではおもちゃの段階です。

日本にこそピッタリなコンパクトなマイクロモビリティー(電動キックボード)ですが

規制と言う大きな壁があるために市場規模は小さいのです。

日本では、マイクロモビリティー(電動キックボード)は原動付き扱いになるためにスクーターの扱いとなり気軽に利用するのは困難です。

課題
道路交通法の壁が邪魔をしている。 (原動付き扱い)
その為 にこれらが必要↓

  1. サイドミラー
  2. ウィンカー
  3. ナンバープレート
  4. ヘルメット
  5. 原付免許

気軽には利用できない!

海外メーカーでは注目のメーカーが出始めて今後は爆発する可能性を秘めていますが日本のメーカーは出遅れています。

これらの為に、日本のマイクロモビリティー(電動キックボード)は小さく発展していません。

マイクロモビリティー(電動キックボード)の世界市場

マイクロモビリティー(電動キックボード)の世界市場は2025年には、4~5兆円規模まで膨らむと試算がでています。

かなり巨大な市場になりそうですね。

マイクロモビリティー(電動キックボード)の市場はシェアリングと規制次第

マイクロモビリティー(電動キックボード)が普及する為のカギ!!シェアリングとは?

普及には規制を超える事が大前提ですが乗り越えれば、その扱いやすさで爆発する可能性が高いです。

そのカギはシェアリングにあります。

シェアリングとは、多数の人間が集まり共同で物などん利用する事をいいます。

最近は車や自転車などのシェアリングはすでに普及しだしてますが、日本にピッタリなマイクロモビリティー(電動キックボード)は出遅れています。

マイクロモビリティー(電動キックボード)メリット・デメリット!

マイクロモビリティー(電動キックボード)のメリット

マイクロモビリティー(電動キックボード)は多数ありますが

ポイントをまとめると↓

  1. 公共交通機関よりも安い
  2. 簡単に乗れるため使いやすい
  3. 電動の為に疲れにくい
  4. なによりもコンパクト!

 

ポイントからの答えとして、「ラストワンマイル」の移動に最適!!

と言えますね。

マイクロモビリティー(電動キックボード)のデメリット

マイクロモビリティー(電動キックボード)のデメリットはあるのでしょうか?

現在のデメリットは原則は私有地しか走れません。

その為に、日本のメーカーの開発は遅れ主製品は海外メーカーになります。

電動自転車なども、海外製の方がパワーがあり人気があります。

実はクラウドファンディングなどでも多額の金額が集まる注目の業界なんです。

話がそれました。

価格が高額になり欧米のように気軽に導入できるかは課題が満載ですね。

 

マイクロモビリティー(電動キックボード)の2大海外メーカー

電動キックボード メーカー

マイクロモビリティー(電動キックボード)の市場では世界100都市以上に進出している米国の2大電動キックボードブランドが存在します。

Lime

 

Bird

の2つです。

海外メーカーの特徴

電動機のパワーが高く移動速度が上がる。

バッテリー容量が大きい

おしゃれ

マイクロモビリティー(電動キックボード)の日本メーカー

日本勢は3社です。

ema

LUUP

mobby

これらが日本メーカになります。

マイクロモビリティー(電動キックボード)おすすめは?日本で買える?

日本では原動付きに分類されるために有名メーカーのキックボードは手に入りません。

サイドミラーとかナンバープレートが付いた電動キックボードなんていらないし、メーカーも販売なんてしません。

Amazonなどではこれらが流行っていますが、公道では使えません。

 

 

マイクロモビリティー(電動キックボード)のシェアリングへの壁

マイクロモビリティー シェアリング

日本では前述しましたが、特有の事情から難しいです。

原付の保安基準を満たすためにナンバープレートは必須など壁が大きすぎます。

更には原動付き免許に、ヘルメットにサイドミラー·····

狭い日本に相性が良いだけに、もどかしものです。

その為に、海外のメーカーと日本のメーカーが手を組み規制改正に動いてる段階です。

現状はこの動きに勢いがあるために壁を突破できる可能性がでてきていますので、日本でも普及する可能性が高くなっています。

まとめ

マイクロモビリティーとは?の疑問についてまとめました。

最近は次から次に新しい言葉が生まれて、ついて行くのが大変ですよね。

このマイクロモビリティー(電動キックボード)は将来的にはヒットする可能性が高いので、目をつけていてもよいかもしれません。

特に、投資をする方には勢いのある業界は気になりますよね。

日本では法令という壁がありますが

壁は壊すためにあります!

この業界は大注目ですね。